スポンサーサイト

  • 2016.06.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    夏の公演が始まります。そして去年の夏の思い出。

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 00:49
    気温もあがり、夜風が気持ちいい季節になりましたね。

    さて、gekidanUそして白昼夢さんの合同企画「弔EXPO」が発表されました。
    夏に皆様にお会いできる事、とても嬉しい限りです。

    始まりは去年の6月…
    白昼夢さんから南千住野外劇場を貸して欲しい。と一本のメールを頂き
    ついにこの時が来たと、本当に喜んだことを憶えています。

    どこか他の団体にこの野外劇場を貸すということは本当にチャレンジでした。
    ホームを貸すという事は僕らがやってきたこと、やりたかったことを大げさに言うと「受け継ぐ」ことが出来るかという事です。
    僕らは不器用ながらも「交流」を第一に演劇をしています。
    それはもちろん周りの仲間との交流もそうですが

    近隣のみなさまとの交流
    通りかかって興味本位で看板を見る人との交流
    はたまた苦情を言われたりするので、野外劇うるさいぞ!と言う人とも交流
    出動してくる警察との交流

    あまりいい子なことはしていないわけなんです。(もちろん法に触れる事はしていませんが)
    元来屋内の演劇では必要ない事かもしれません
    それをいかに理解してくれるかという事なんです。

    白昼夢さんはとても良く理解してくれて面白がってくれました。


    去年の夏の一番の思い出は…

    ここでは「ある家族」とさせていただきますが…
    特にこの「ある家族」からは何故か完全に嫌われていると思っていたのです。

    理由は1つ。
    もう無視なんです。怒ったりもしてくれない。
    挨拶しようとインターホンをならしても出てきてくれない。
    興味を持たれないというのは本当に凹みます。
    そりゃ僕たちはあまりいい事はしていませんので、そういう人がいても当たり前なのです。
    むしろそっちの方が自然なのかもしれません。
    でもずーっとこころに靄がかかっていました。

    そんな「ある家族」のパパさんと娘さんが去年の夏、公演中に通りかかったんです。
    ちらっと看板を見て
    娘「またやってるね」 パパ「ね、いいね。楽しそうだね」 娘「今度見たい!」 
    なんて会話をしていました。
    僕はそれを家の側の自販機の前でこっそり見ていて
    恥ずかしながら泣いてしまいました。
    こんなに嬉しい事はないと、そう思いました。
    そして野外でやってて良かったなと

    白昼夢さんがもたらしたこの喜び、次は自分たちの演劇で味わいたいな。
    そんなこと思う、今日この頃です。

    お話が長くなりましたが
    今年は僕らも参戦ということで、既存の作品
    「羅生門」と「こころ」をやらせていただきます。
    とても見やすい作品になると思います。
    もしかしたら「ある家族」も観に来てくれるかもしれません。

    この作品への思いはまた勝手ながら後日書かせていただきます。

    とにかく冬よりは野外演劇断然見やすいです(笑)
    実は公演中の30日(土)には隅田川花火大会がある予定なので
    僕らの公演を見ながら花火も見れます。

    是非とも足を運んで下さい!
    予約は今月19日からです。



     

    題「千住乃羅生門」

    演目 第一章「羅生門(原作 芥川龍之介)

       第二章「こころ(原作 夏目漱石) 

    日時 2016年7月28日〜31日

    時間 毎夜6時開場 6時半開演

    料金 一般前売              1800円

       下町人券(荒川 台東 足立区民割)   1500円

       若者券 (24歳以下)         1500円

             子供券 (中学生以下)         500円

             当日券               2000円

       初日券(7月28日のみ)     一律1000円

       ★全チケットに会場で使える300円分の飲み物券付き!!

       さらに早期割!!

       7月3日(日)までにご予約されたお客様は300円引き!

       (※初日券には適用されません)

    詳細 千住に羅生門建立!

       神道をベースに語られる古くも新しい物語を儚く霊的に紡ぎます。

       

       定員20名の野外劇場で、

       夜風にあたりくつろぎながらお酒を飲めるスペシャルな空間をお楽しみください。

       

       神道×文学×酒×夜風

       最高の環境でこれまでにない【体験】をあなたに!

       (毎公演後、劇場内での大宴会を予定してます。お時間のある方は是非参加下さい。)

    会場 南千住gekidanU野外劇場(東京都荒川区南千住5−25−6)

       

    スタッフ 演出/脚色 遠藤遊(gekidanU)

         

         出演    船坂裕輝

               渡辺将大

         舞台監督  ヒガシナオキ(gekidanU)

         制作    倉本衣織(gekidanU)



    どうぞ、よろしくお願いします。
    遠藤遊







     

    スポンサーサイト

    • 2016.06.15 Wednesday
    • 00:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM